So-net無料ブログ作成
-| 2010年05月 |2010年06月 ブログトップ
前の10件 | -

きょうりんラーメン きょうりん [日記]

日記をつけようと思ったらいつのまにか寝てしまいこの時間になってしまいました。予約投稿も考えましたが、基本その日に食べたものを載せるので、帰ってきてからでないと書けないので難しいところですね。

昨日は天気も悪く肌寒く、友人が行列待ちを苦手としてるので行く予定だったラーメン屋をキャンセル。代わりに近くにあったきょうりんさんというラーメン屋さんに入ってみることに。こじんまりとした佇まいで、いかにも個人経営といった感じでの40代位の夫婦がきりもりしていました。

とりあえず店の名前が入ったきょうりんラーメンを頼むことに、特に説明も書いてないのでどんなラーメンか想像しながら待ちました。

27.jpg

10分ぐらいでラーメン到着。見た感じ広東麺といった印象。時間かかったのは材料を炒めた時間があったからのようです。早速スープを一口。いきなり下にラー油のような辛味とホイコーローで使われる豆板醤か何かの味がしました。きざみニンニクもあって香りと食感も味わえていい感じ。麺は中太平麺で、こしが合って喉越しも良く、食べ終わるまで硬さが変わらなかったのが美味しかったです。

思わぬところで美味しいラーメン屋さんに巡りあったので近くに来ることがあれば食べに来たいですね。その後はゲーセンで三国志大戦というカードゲームをプレイ。新しく考えたデッキはなかなか勝てず元のデッキに戻したら普通に三連勝したりして、デッキの構成に問題があったみたい。欲しいカードが手に入ったらまた挑戦したいです。

学生時代は毎週のようにゲーセンでプレイしてたゲームをまた同じようにやるのは懐かしくて面白いですね。ただ、昔に比べてあきらかに腕が落ちているのは困ったもの。少しずつ勘を取り戻したいです。

博多とんこつラーメン 天匠 [日記]

先週に比べ気温が低い日々が続き梅雨の到来を感じさせます。朝方は肌寒く感じますが、暑いのは苦手なので自分にはちょうどいいです。ラーメンも美味しく感じますし(^^)

とんこつラーメンを食べようと半年くらい前にオープンした天匠さんに行ってみました。中はファミレスみたいで以前使ってた店の内装を改築した感じでラーメン屋っぽくなかったです。テーブル席も多く、接客も丁寧で家族連れにはいい雰囲気。近くにあるショッピングモールの帰りに寄る人も多そう。

26.jpg

とりあえず豚骨醤油らーめんを注文し待つこと五分、やってきたラーメンは本場のスープより若干色は薄かったのですがしっかり豚の味が出てて細い麺と合っていました。硬さはお任せだとちょっと柔らかめ。でも自分にはちょうどいいかな。肉はとろとろしてて箸でもつと崩れてしまう位で旨かったです。卓上にある高菜を入れると醤油豚骨に近い味に、あんまり入れすぎると味が変になって失敗するので控えめに、ご飯にも合いそうな高菜でした。

軽めの豚骨なので豚骨醤油が苦手な方もいける味ではないかと思います。自分としてはもうちょっと濃い目がすきなので、今度は黒の匠というマー油いりのラーメンを頼んでみたいですね。





チキンタツタ マクドナルド [日記]

五年半前まではレギュラーメニューだったチキンタツタ。鳥インフルエンザや専用のバンズやキャベツを確保するスペースの問題。何より単価が高いこともあいまって去年の九月まで復活しませんでした。期間限定ですが、場所によっては五日前倒しで提供終了したところもあるそうです。

今年も期間限定ですが五月の中旬から食べれるということで早速食べに行きました。

25.jpg

このバンズ、機械を使わずに生地を手でひねって作ってるそうです。普通のパンのようにふっくらとしてますよね。バンズと中に敷いてあるキャベツが肉のジューシー感をしっかり引き立てています。肉厚なので食べ応えも十分で醤油味の衣にマヨネーズのソースがよく合っています。手間がかかってる分美味しく出来上がってるって感じました。

クーポン券でセットが600円だったから、やはり他のメニューに比べて高いとはおもいますね。美味しくてもレギュラーに戻すにはコストと生産性、原材料の確保や売り上げなどが絡んで難しいのでしょう。個人的にはマックチキンも復活して欲しいな。

じゃじゃ麺 じゃじゃえ [日記]

盛岡では本場満州のジャージャー麺を現地の人の口に合うよう改良されてできた麺、それがじゃじゃ麺らしい。
そんな岩手の味をあじわえるお店がじゃじゃえさん。2007年の10月にオープンして以来、初めて訪れました。

店の中は木でできたカウンター席が何ともきれいで、テーブル席と合わせてダイニングバーを思わせます。
店員さんに初めての来店か聞かれて、初めてと答えるとじゃじゃ麺の食べ方を丁寧に教えてくれました。席にも食べ方が書かれた表が、メニューもじゃじゃ麺と餃子、飲み物とシンプルな構成。私はじゃじゃ麺大を注文しました。

21.jpg

まずは餡を混ぜてから一口。こしがあってツルツルとした食感と独特の餡の味が食を進めます。酢やラー油がありましたが、酢だけかけると味がさっぱりしてラー油をかけると香りが強くなりまた別の食べ物に…酢だけの方がいい気がします。

三分の一くらい食べてから、卵をかき混ぜて、100円追加するとチータンタンというのにしてくれるので頼んでみることに。ゆで汁と肉ミソ、特製スープを入れて器を返してくれます。

22.jpg

スープを入れると味が薄くなってしまったので、ニンニクを入れて味を調えました。自分なりに好みの味に変えるのは楽しいですね。

元々変わった麺料理なので好みが分かれる味ですが、意外にはまるかもしれないので一度行ってみるといいかもしれません。

盛りそば 大越路 [日記]

たまには脂っこくないそばでも食べようと美味しいお蕎麦屋さんに行ってきました。峠にあるお店で、人気のない山道の途中にあって、車の通りも少ないのですが、お昼時はすごい混んでいて遠くから訪れるお客さんも多いのだとか。

中は綺麗なのと広くて、座敷とテーブル、カウンター席があってゆったりとしたスペースと窓越しに見える自然の景色がいい雰囲気でした。地元では結構有名なお店のようです。

20.jpg

もりそばとざるそばどちらか迷いましたが、蕎麦のそのままの風味を楽しもうと盛りそばを注文しました。細めの麺なのにコシがあり、冷たくて香りがいい。ツルツルと喉越しもよくあっという間に食べ終えてしまいました。最後は蕎麦湯で一服、さっぱりしていて美味しかったです。値段も480円と安めです。

何やらメニューに山ふぐ刺しなるものがあって、なんだろうと聞いてみたらこんにゃくの刺身のことだそうで、見た目や歯ごたえが似ているからその名がついたそうな。ちょっと食べてみたいかも。今度来た時は定食と一緒に頼んでみるのもいいかな。


PCの調子が… [日記]

悪いです。なにが悪いかというと画面が見えない。突然画面が真っ白になったり、だんだんフェードアウトしていったりと壊れかけの液晶みたいになってきました。画像以外は普通に操作できますが、見えないことには何もできません。酷い時は三時間以上画面が写らないことも…おかげで更新時間が遅れて、昨日は特に朝まで直らなかったので大変でした。

原因はバックライトの寿命、インバータ回路の故障、本体とディスプレイを繋ぐケーブルの破損などが考えられるみたい。画面の明るさは変わらないので寿命ではなく、蛍光灯のように電圧を供給するインバータ回路も画面は写るので違う。パソコンの角度を変えたり、液晶を押したりすると写りが戻ったりするのでディスプレイとの接触不良が原因かと思われます。

ノートPCのため液晶画面が薄く、素人が手を出すと別の部分が故障しかねないので、無難に修理かでも保障期間外なのでいくらかかるかが心配。いずれにしろ突然更新できなくなっても困らないよう携帯でも投稿できるようにしたいですね。

21.jpg
※画像と文章は関連性がありません。オコジョ可愛い、日本では北海道にしか生息してないそうな





ねぎラーメン 元町家 [日記]

横浜に総本山を家系・吉村家のラーメン。支店ですが、五分と待たないで食べれるのが魅力です。

19.jpg

いつもと違いねぎラーメンを頼んでみました。結構ねぎの量が多くてびっくり。ただ、仕込みで刻んだのをそのまま乗せてるので、上の方は乾燥してるのが残念かなって思いました。

豚骨特有の香りが強いのに、若干薄いのかなと感じるスープ。美味しいけどなんか物足りなさを感じ、どうしても本店の味と比べてしまいます。もっと濃ければ本店に近いのに最近味を変えたのか、あっさりしてる気がします。以前までと味が違うラーメン屋も多々ありますが、ちょっと変えすぎかな思いつつ、これはこれで美味しいのかと脳が判断を下してきました。

どうも地元のこってり系のラーメンは土地に合わせて、若干薄めのスープにしている気がします。東京のほうは同じ店のラーメンでももっと濃い味になってますし、それとも店主の好みで変えてるのかな?それでも総じて美味しいのは確かで、店主の接客は良かったです。有名店だと態度が横柄な店員が多い中、このお店はしっかりしていて好感が持てます。

同じおいしさの店だとやっぱり接客がいいほうに行きたくなりますよね。

豚骨醤油ラーメン ハングリードラゴン [日記]

なんか、ラーメンの記事がどんどん溜まって行ってる気がする。ブログをやっていると自分の書きたい記事の属性が決まってきますね。ただ、訪問してnice!やコメントしてくださる方が多いにもかからわず返事が大分遅くなって申し訳ないです。忘れた頃にコメントやらnice!のお返しに伺いますので宜しくお願いします。


さて、深夜2時を回ったところでようやく家で記事を書いているわけですが、昼の11時から出かけて12時にハングリードラゴンさんという変わった名前のラーメン屋さんに行きました。国道沿いにあるにもかからわず、思いのほか目立たない店で見つけたのに一回スルーしてしまいました。来るのが早すぎたのかお客さんがゼロ。中に入っても店員さんが奥の厨房に入っていってしまったので、座っていいものか焦ってしまいました。

中年の店員の方が、ビールピッチャーで水を運んできてくれて、おすすめのラーメンを聞くと、お勧めといわれても全部お勧めとしか言いようがない。といわれ、初めての返しに戸惑いつつ豚骨醤油ラーメンを注文。明太ご飯入荷待ちで頼めませんでした。テーブルにはニンニク、紅生姜、胡麻、長浜ラーメンのタレなど普通の店には置いてないものがあって、ニンニクとタレで味を楽しむのかと考えてるとラーメンが到着。

⑱.jpg

豚の香りがして見た目も美味しそう、これは期待できるのかとスープをすすると、油のせいか少し味が薄いのに匂いが鼻を抜けて舌に残る豚骨スープ特有の味。麺も太めでスープに合ってました。チャーシューは脂身が多い分、味は濃くて美味しかったですね。

半分くらい食べたところで、ニンニクをつぶしていれたら一気に味が深くなり、記憶に残る豚骨醤油ラーメンと似た味がしてきて、さらに塩ダレを入れると途端に味がマイルドかつ好みの味になり満足でした。後半まで飽きずに食べれるのはよい工夫だと思います。

元々群馬の伊勢崎にあった模様で、移転した後もわざわざ群馬から食べに来てくれるお客さんもいるそう。今度は長浜ラーメンを頼んでみたいですね。

その後は、ゲーセンで三国志大戦と言うカードゲームをまったりプレイ、二年ぶりくらいにやるので感覚が鈍ってるにもかかわらず3連勝できたのは良かったですね。小虎という非常にレアなカードをゲットできたのに、使わないからお蔵入りに、売れば2,000円くらいにはなるのかな。まあ、売りませんが…

カードが増えてからプレイしてませんでしたが、その場で考えたデッキが思いのほか安定していて楽に勝たせてもらいました。2連勝したあとの3戦目の緊張感はいいものです。たまにプレイするのはやっぱり楽しいものです。
カードが増えすぎて集める気にもならないから丁度いいのかもしれません。また、今度間を空けたらプレイしたいと思います。

帰り際はラーメンにしようかと思いましたが、お腹にまだ溜まっていたので、サイゼリヤで軽く食べることに。エビドリアを頼んでみて、ミラノ風ドリアとどう違うのかと思ったら、魚介の旨味がソースに溶け込んでいてこっちの方が美味しかったです。久しぶりに来てもやっぱり安いなという印象が強いですね。たまにはラーメン以外の外食もいいなと再認識しました。







塩ラーメン 麺屋 黒船  [日記]

たまに遊ぶ友人とは、ゲーセンやカラオケとかで深夜12時まで遊ぶこともしばしば、そんな時開いているラーメン屋さんは意外と少ない。特に個人経営のお店はせいぜい十時ぐらいまでしか営業していない。そういう時は深夜二時まで営業しているチェーン店に行きます。そんな中、美味しかった印象がある店が麺屋黒船さん。

TVチャンピオンで優勝した方がプロデュースしていて、全国に何件もあるとのこと。本人が職人ではないので期待はしませんが、不味かったらとっくに潰れてると思い試しに入ってみました。

ラーメン屋と思えない綺麗な店内でお洒落なバーといった雰囲気の店。カウンター席しかありませんでしたが、深夜なのでお客さんはいなく普通に座れました。おすすめが塩ラーメンということでねぎ入りを注文し、麺の硬さを聞かれたので普通にしておきました。

17.jpg

塩ラーメンにしては濃い感じのスープが気にかかり、早速ひとくち、あっさりしてるけど魚介の旨味がしっかりしてて飲みやすく、にんにくも入ってるのか香りが鼻を抜けて食欲を掻き立てられました。次に麺を食べてみると、そこそこやわらかく喉越しチュルンとしていい感じ。また、焦がしねぎがいい感じで味にアクセントを効かせています。

ネームバリューがある店はその店ごとに当たり外れがありものの、この店は当たりに入りましたね。塩ラーメンで美味しいお店をあまり知らなかったので、また来たくなる店でよかったです。


後日何回か行って、醤油ラーメンや味噌ラーメンを食べてみたけど至って普通の味。私の地元にある店では塩ラーメンが一番のようです。

醤油ラーメン 平塚 [日記]

ラーメン巡りしていると何処のお店が美味しかったか忘れることが多々あります。そんな中、味が普通なのに何故か記憶に残るラーメン屋さんがありました。その名は平塚さん。外観はこじんまりした小さな店で、ちょっと小道に入らないと分からない場所に位置しているため知る人ぞ知るといった感じ。平日の昼間で空いてるだろうと思っていったら既に行列が、といっても5、6人ほど並んでいただけで10分位で注文までこぎつけました。

おすすめは餃子らしく友人は頼んで、私は普通のラーメンを頼みました。外を見ると8人待っている人がいて、そんなに美味しいのか?と期待して待つことに。

16.jpg

第一印象はチャーシューが大きい。そして分厚い。まずスープを一口すすると、不思議なことに味があまりしなく、かすかに醤油の味がしたくらい薄味でした。手もみの麺は細いながらもコシが強く喉越しはいい感じ。しかし、いかんせんスープとの絡みがなく物足りませんでした。ここまで薄味のスープは初めてです。

こってり系のスープと中太のちぢれ麺のラーメンは後半飽きてくることが多いですが、このラーメンはあっさり系のスープなのに薄味すぎて完食できないという結果に終わりました。そのかわりチャーシューはしっかり味がついているにもかかわらず癖もなく何より、ボリュームがあって美味しくいただけました。

寧ろチャーシューがメインのラーメンだったと友人と2人で話したりして、これは醤油ラーメンという名のチャーシュー麺という結論に達しました。そして、店を出ても外待ちのお客さんがいたので、皆チャーシュー目当てで来てるのかと思いながら、どうして行列ができるラーメン屋なのか終始不思議なお店でした。
前の10件 | -
-|2010年05月 |2010年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。